KOBEKOBEaaddddrreessss神戸市公式移住ポータルサイト神戸市公式移住ポータルサイト

ご相談窓口・お問い合わせ

090-1697-6474(直通)

kobe@furusatokaiki.net

営業時間 10:00〜18:00

営業日 火~日曜(定休: 月・祝)

神戸の魅力神戸の魅力

概要概要

概要概要

世界との玄関口として日本の近代化を牽引した、国際都市・神戸。
都会的なイメージが強いものの、中心部の三宮から直径わずか5km圏内には美しい海と雄大な山、30分ほど車を走らせれば目の前に田園風景が広がる、理想的なコンパクトシティ。
住んでいる人や訪れる人が盛んに交流する街でもあり、多様な暮らし方や人を自然と受け入れる気質を持っているように感じられます。

神戸の町並み神戸の町並み

アクセスアクセス

電車、新幹線、飛行機、船を使って、国内外にスムーズにアクセスできます。
※所要時間は概算です。

JR三ノ宮駅から新快速で、関西各地へJR三ノ宮駅から新快速で、関西各地へ

新神戸駅から新幹線で、全国へ新神戸駅から新幹線で、全国へ

神戸空港から飛行機で、全国へ神戸空港から飛行機で、全国へ

関西国際空港から飛行機で、世界へ関西国際空港から飛行機で、世界へ

神戸ってこんなところ神戸ってこんなところ

  • デザインやセンスの良いまち1位 ブランド総合研究所・地域ブランド調査2018デザインやセンスの良いまち1位 ブランド総合研究所・地域ブランド調査2018
  • 居住意欲度2位 ブランド総合研究所・地域ブランド調査2019居住意欲度2位 ブランド総合研究所・地域ブランド調査2019
  • 生活の質が高い都市1位 マーサ・2019年世界生活環境調査(QUALITY OF LIVING SURVEY)都市ランキング生活の質が高い都市1位 マーサ・2019年世界生活環境調査(QUALITY OF LIVING SURVEY)都市ランキング
  • 救命救急センターの評価結果神戸中央市民病院・救命救急センター 6年連続1位 全国292施設 厚生労働省・救命救急センター評価(平成30年〜令和元年)について救命救急センターの評価結果神戸中央市民病院・救命救急センター 6年連続1位 全国292施設 厚生労働省・救命救急センター評価(平成30年〜令和元年)について
  • 大学・短期大学数2位 政令指定都市 文部科学省・令和元年度学校基本調査大学・短期大学数2位 政令指定都市 文部科学省・令和元年度学校基本調査
  • 魅力度5位 ブランド総合研究所・地域ブランド調査2019魅力度5位 ブランド総合研究所・地域ブランド調査2019
  • 人口1人当たり都市公園面積(緑地を除く) 1位 平成29年版 大都市比較統計年表人口1人当たり都市公園面積(緑地を除く) 1位 平成29年版 大都市比較統計年表
  • 神戸での子育てを「楽しいと感じる」93.2% H30神戸市アンケート神戸での子育てを「楽しいと感じる」93.2% H30神戸市アンケート
  • 妊婦健診助成額(12万円)2位 (令和元年5月時点) 政令指定都市最高水準妊婦健診助成額(12万円)2位 (令和元年5月時点) 政令指定都市最高水準

神戸の暮らし神戸の暮らし

家賃が安い家賃が安い

東京や大阪と比べて家賃が安いのは、日々の生活においてうれしいポイント。また、エリアによっては庭付きの戸建住宅をお手頃に購入できるのも魅力です。

山も海も島も、温泉地も酒蔵もすぐそこに山も海も島も、温泉地も酒蔵もすぐそこに

自然と触れあえる場所がたくさんあるから、
海水浴、登山、味覚狩り、スキーなど、季節ごとのレジャーをすぐ近くで楽しめます。
休日には「有馬温泉」でほっこりしたり、「灘五郷」で酒蔵めぐりをしたりもおすすめ。

夏は涼しく、冬はあたたかい夏は涼しく、冬はあたたかい

神戸は温暖でおだやかな瀬戸内海式気候。
浜風と六甲山のおかげで夏でも暑くなりにくく、冬でも雪はほとんど積もりません。
日照時間が長く、関東とくらべて乾燥しすぎることもありません。

東京や大阪ほど人口密度が高くない東京や大阪ほど人口密度が高くない

東京や大阪ほど人口密度が高くない東京や大阪ほど人口密度が高くない

神戸市の人口密度ランキングは、20政令指定都市のうち9位。
神戸の中心地である三宮駅や神戸駅あたりでも、魅力的なお店をゆっくりと楽しめます。

※出典:平成30年版大都市比較統計年表

全国平均 年間61,926円 神戸市 年間44,686円 17,000円以上も低い!全国平均 年間61,926円 神戸市 年間44,686円 17,000円以上も低い!

上下水道料の支出額が最も低い!!上下水道料の支出額が最も低い!!

上下水道料の支出額の全国平均は、年間61,926円。神戸市は44,686円で、政令指定都市の中でいちばん低くなっています。

※出典:総務省「家計調査」における上下水道料 平成29~令和元年の3カ年平均

神戸での仕事神戸での仕事

ビジネスエリアと居住エリアが近いコンパクトシティビジネスエリアと居住エリアが近いコンパクトシティ

どのエリアに住んでもビジネスエリアに近いから、アフターファイブを家族と過ごしたり、習い事をしたりと有意義に使えます。
また、中心地である三宮までのアクセスもいいので、出張も楽らく。三宮から大阪へは電車で21分、全国各地へも新幹線や飛行機でスムーズに移動できます。

ビジネスエリアの近くに住めば通勤も楽々 三ノ宮から大阪まで電車で21分 全国への出張もスムーズビジネスエリアの近くに住めば通勤も楽々 三ノ宮から大阪まで電車で21分 全国への出張もスムーズ

神戸の企業で働く人たちのリアルインタビュー神戸の企業で働く人たちのリアルインタビュー

神戸で働くってどんな感じ?神戸の企業で働く人たちに、
仕事のコトから休日のスタイルまで、リアルに語っていただきました。

「神戸での子育てを楽しく感じる」93.2%「神戸での子育てを楽しく感じる」93.2%
※出典:子育て支援施策に関するアンケート(神戸市)

「神戸での子育てを楽しく感じる」と答えた人は93.2%「神戸での子育てを楽しく感じる」と答えた人は93.2%

神戸市は、安心して楽しく子育てできるよう、
子どもとママの心や体のケア、保育環境の整備などに力を入れています。

ファミリアデザインの母子健康手帳ファミリアデザインの母子健康手帳

妊娠の届け出を受けて神戸市で交付する母子健康手帳が、
平成29年から神戸の老舗子ども服ブランド
「ファミリア」のデザイン(フェリシモ監修)にリニューアル。

子育て子育て

大学と連携した、地域の子育て支援ひろば 0歳~2歳大学と連携した、地域の子育て支援ひろば 0歳~2歳

神戸には大学と連携した「子育て支援広場」が9ヶ所あって、その数は政令指定都市第1位。大学講師の専門分野に基づいた講座なども好評です。

詳細はこちら

利用者の満足度 100% スタッフの対応満足度 99.1% ※出典:平成29年神戸市アンケート利用者の満足度 100% スタッフの対応満足度 99.1% ※出典:平成29年神戸市アンケート

「児童館」の数が多い 0歳~18歳「児童館」の数が多い 0歳~18歳

「児童館」の数が多い 0歳~18歳「児童館」の数が多い 0歳~18歳

神戸の児童館は、全部で123館。全国20政令指定都市の中で、2番目に多い数字※です。子どもたちが自由に遊べる場として使えるだけではなく、子育て支援、学童保育の場としても活用されています。

※神戸市調べ

詳細はこちら

図書館や博物館、動物園など、教育関連施設がいっぱい図書館や博物館、動物園など、教育関連施設がいっぱい

神戸には、子どもたちのさまざまな感性を刺激し、
学びを得ることができる図書館、博物館、美術館、
動物園、水族館、植物園などの
教育関連施設がたくさんあります。

図書館や博物館、動物園など、教育関連施設がいっぱい 図書館や博物館、動物園など、教育関連施設がいっぱい 「のびのびパスポート」で入場料がタダ 動物園、美術館、博物館など、市内外にある80ヶ所以上の施設が入場無料です。図書館や博物館、動物園など、教育関連施設がいっぱい 図書館や博物館、動物園など、教育関連施設がいっぱい 「のびのびパスポート」で入場料がタダ 動物園、美術館、博物館など、市内外にある80ヶ所以上の施設が入場無料です。

スポーツに親しむ環境が整っているスポーツに親しむ環境が整っている

神戸には、好きなスポーツを思いっきり楽しめるスポーツ施設があります。
神戸で活躍するスポーツチームも多く、近くのスタジアムなどで観戦できる機会にも恵まれています。

家族で遊びに行ける施設が多い家族で遊びに行ける施設が多い

家族で遊びに行ける施設が多い家族で遊びに行ける施設が多い

アンケートによると、「神戸で子育てしてよかったこと」の第1位は「家族で遊びに行ける施設が多い」こと※。小・中学生は施設への入場料が無料になる制度や、小学生以下の子どもは公共交通機関が無料になる制度もうれしい。

※出典:平成29年神戸市アンケート

自然とふれあえる場所がいっぱい自然とふれあえる場所がいっぱい

自然とふれあえる場所がいっぱい自然とふれあえる場所がいっぱい

南に行けば海、北に行けば山、山の向こうは里山。牧場や大きな自然公園などもたくさんあるから、自然の中でのびのびと子育てができるのが魅力です。

医療医療

休日・夜間の救急医療体制も万全休日・夜間の救急医療体制も万全

神戸市では、日曜、祝日、振替休日、年末年始や、夜間の急病にも対応できるよう、救急医療体制を整えています。
また今受診できる病院がどこか分からないときや、急な病気やケガで救急車を呼んだほうがいいのか迷ったときに役立つ、24時間年中無休で対応する救急相談ダイヤルがあります。

看護師による救急相談ダイヤル 救急安心センターこうべ #7119看護師による救急相談ダイヤル 救急安心センターこうべ #7119

  • 神戸市 救急受診ガイド 救急車?病院へ行く?判断に迷ったそんな時には、インターネットで救急性を確認できる!神戸市 救急受診ガイド 救急車?病院へ行く?判断に迷ったそんな時には、インターネットで救急性を確認できる!

神戸市立医療センター中央市民病院が「全国救命救急センター評価」で6年連続第1位に神戸市立医療センター中央市民病院が「全国救命救急センター評価」で6年連続第1位に

「断らない救急医療」の理念を掲げる神戸市立医療センター 中央市民病院の救命救急センター。
厚生労働省の「救命救急センター評価」において、全国284施設の中で5年連続第1位に選ばれています。

世界有数の医療先進都市「神戸医療産業都市」世界有数の医療先進都市「神戸医療産業都市」

神戸市がポートアイランドを拠点に推進する「神戸医療産業都市」には、高度な医療の提供を目指す病院や先端医療の研究機関などが集結。国内最大級のバイオメディカルクラスターとして日々発展しながら、神戸の医療を支えています。

特色ある教育特色ある教育

小学校からネイティブの英語で学べる小学校からネイティブの英語で学べる

小学校からの「英語教育」にALT(外国人英語指導助手)とともに取り組んでいます。神戸の子供たちが英語を好きになって、自分らしさを表現できるように、小学校から高等学校まで、実践的な英語教育を取り入れています。

<取組>

小学校

  • スピーキングチャレンジ
  • イングリッシュキャンプ

中学校・高等学校

  • 神戸国際人育成プログラム
  • サマースクール
  • 神戸イングリッシュフェスティバル
  • スピーキングテスト

小・中・高でALTと協同した英語教育 ALTの数は20政令指定都市の中でトップクラス。大学と連携し英語教育活動教員の指導力アップ 神戸市立外国語大学と連携協力して児童生徒の国際理解の推進や英語教員の指導力向上に努めています。 姉妹都市との交流 姉妹都市ブリスベン(オーストラリア)やシアトル(アメリカ)と中学生・高校生が相互に教育交流をしています。小・中・高でALTと協同した英語教育 ALTの数は20政令指定都市の中でトップクラス。大学と連携し英語教育活動教員の指導力アップ 神戸市立外国語大学と連携協力して児童生徒の国際理解の推進や英語教員の指導力向上に努めています。 姉妹都市との交流 姉妹都市ブリスベン(オーストラリア)やシアトル(アメリカ)と中学生・高校生が相互に教育交流をしています。

全国トップレベルの防災教育全国トップレベルの防災教育

小学校から「しあわせ はこぼう」などの独自教材を使用し、一人一人のこどもに「生きる力」を育みます。命の大切さなど震災体験から学んだ教訓を生かすとともに、相手に寄り添い、震災の痛みを理解して人と人のつながりをつくります。また、防災・減災教育により「自分の命は自分で守る力」を身に付けた子どもたちを育成します。

「トライやる・ウィーク」で5日間の体験活動「トライやる・ウィーク」で5日間の体験活動

兵庫県の中学2年生には、職場体験、福祉体験、労働生産活動など興味に合わせて選べる5日間の体験活動「トライやる・ウィーク」があります。職業観や社会性が養われ、子どもがひとまわり大きく成長する機会となっています。
※R2年度については、新型コロナウイルス感染症対策のため、内容や期間を変更して実施。

教育環境の整備教育環境の整備

学習支援ツールで効率的に予習・復習学習支援ツールで効率的に予習・復習

児童生徒ひとりひとりの習熟度に応じた学習プリントを作成したり、動画を用いた解説を利用したりできるシステムを提供。中学校及び特別支援学校では、パソコンやモバイル端末からIDとパスワードでアクセスできる個別配信システムで、学校以外でも自主学習が可能です。

学校給食で地産地消学校給食で地産地消

神戸市立小学校・中学校・義務教育学校・特別支援学校の給食では、人と環境に配慮して栽培された安心・安全な野菜「こうべ旬菜」を使うなど、積極的に地産地消を進めています。
なかでもお米に関しては、100%神戸産を実現しています。

すべての小中学校にエアコン設置済みすべての小中学校にエアコン設置済み

近ごろ問題となっている、子どもの熱中症。
市立小学校・中学校では、すべての普通教室にエアコンを設置ずみ。勉強に集中できる環境が整っています。

通学にうれしい交通費支援制度通学にうれしい交通費支援制度

神戸では、一部路線で通学やお出かけにかかる交通費がタダになったり、
通学費の一部助成が受けられたりする制度があります。

選択肢の多い高校・大学選択肢の多い高校・大学

学びのニーズに合わせた高校選択ができる学びのニーズに合わせた高校選択ができる

神戸市は兵庫県公立高等学校通学区域の「第1学区」にあり、全部で39校から「学びたい高校」を選べます。西区と北区においては「隣接区域」と呼ばれる区域の高校を志願することもできます。
また「複数志願選抜」を実施する高校については、第2志望まで出願できます。

国の認定を受けた、特色のある市立高校国の認定を受けた、特色のある市立高校

神戸市には、文部科学省の認定を受けている市立高等学校があります。

  • WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)の認定校
    【葺合高校(拠点校)】
    【科学技術高校、神港橘高校、須磨翔風高校(共同実施校)】
    【六甲アイランド高校(連携校)】
    イノベーティブなグローバル人材を育成するため、高等学校等と国内外の大学、企業、国際機関等が協働し、高校生へより高度な学びを提供するものです。
  • スーパーサイエンスハイスクールの認定校
    【六甲アイランド高校】
    理科・数学教育を中心とした探究活動や海外研修などを通して生徒の力を高め、国際的な科学技術人材の育成を図っていきます。

大学・短期大学が集まる大学都市大学・短期大学が集まる大学都市

神戸に本部のある大学と短期大学の数は、20政令指定都市の中で第2位※。約7万人の学生が集まっている、全国の中でもトップクラスの大学都市です。自宅から通える範囲内で希望の大学が見つかれば、経済面でも生活面でも安心です。

※出典:文部科学省・平成30年度学校基本調査

災害への備え災害への備え

市民の防災意識を高める取り組み市民の防災意識を高める取り組み

阪神・淡路大震災の経験を生かし、普段から防災意識を高めて備えておくために、さまざまな取り組みをしています。

全国トップレベルの防災教育 小学校から「しあわせ はこぼう」などの独自教材を使用し、一人一人のこどもに「生きる力」を育みます。命の大切さなど震災体験から学んだ教訓を生かすとともに、相手に寄り添い、震災の痛みを理解して人と人のつながりをつくります。また、防災・減災教育により「自分の命は自分で守る力」を身に付けた子どもたちを育成します。自主防災組織の結成率100% 阪神淡路大震災の教訓から、防災と福祉が融合した神戸市の自主防災組織「防災福祉コミュニティ」が市内全域で結成されさまざまな防災活動に取り組んでいます。 災害用食糧・物資を備蓄 大規模な災害が発生したときに備え、現物備蓄を整備しています。全国トップレベルの防災教育 小学校から「しあわせ はこぼう」などの独自教材を使用し、一人一人のこどもに「生きる力」を育みます。命の大切さなど震災体験から学んだ教訓を生かすとともに、相手に寄り添い、震災の痛みを理解して人と人のつながりをつくります。また、防災・減災教育により「自分の命は自分で守る力」を身に付けた子どもたちを育成します。自主防災組織の結成率100% 阪神淡路大震災の教訓から、防災と福祉が融合した神戸市の自主防災組織「防災福祉コミュニティ」が市内全域で結成されさまざまな防災活動に取り組んでいます。 災害用食糧・物資を備蓄 大規模な災害が発生したときに備え、現物備蓄を整備しています。

対象公共建築物の耐震化100%達成対象公共建築物の耐震化100%達成

神戸市の庁舎、消防署、病院、幼稚園や学校など、対象公共建築物※の耐震化率は100%を達成。住宅の耐震化率は平成25年の調査で91%を達成。さらなる耐震化の促進に取り組んでいきます。

※「神戸市耐震改修促進計画(平成20年2月)」で対象とした防災拠点、
指定収容避難所、多数の者が利用する公共建築物

100年に1度の津波も防ぐ防潮堤が完成100年に1度の津波も防ぐ防潮堤が完成

平成27年度に延長59.8kmにおよぶすべての防潮堤などが完成。
100年に1回の確率で発生が予想される津波を防ぐことが可能になりました。

危機対応の中枢拠点「神戸市危機管理センター」を整備危機対応の中枢拠点「神戸市危機管理センター」を整備

神戸市では、一体的な危機対応を担う中枢拠点として「神戸市危機管理センター」を整備。災害発生時の初動対応、全容の早期把握、意思決定や情報提供を迅速かつ効率的におこないます。