KOBEaddress神戸市公式移住ポータルサイト

里山エリア里山エリア

都心から近い便利な場所で、自然を楽しむ里山暮らし。

空を仰いで、きれいな空気を思いっきり吸い込む。 美しい田んぼ。ていねいに手入れされた畑。そこかしこに残る茅葺き屋根の家。カエルの大合唱。ここが神戸であることを忘れてしまいそうになるほど、のどかでゆったりとした時間が流れている。採れたて野菜のおいしさを知ってしまった私は、ご近所さんに教わりながら小さな畑をはじめた。まだまだうまくいかないけど、毎日が充実している。空を仰いで、きれいな空気を思いっきり吸い込む。 美しい田んぼ。ていねいに手入れされた畑。そこかしこに残る茅葺き屋根の家。カエルの大合唱。ここが神戸であることを忘れてしまいそうになるほど、のどかでゆったりとした時間が流れている。採れたて野菜のおいしさを知ってしまった私は、ご近所さんに教わりながら小さな畑をはじめた。まだまだうまくいかないけど、毎日が充実している。

里山エリアのマップイメージ
ページ内の地図及び文章中の所要時間は概算です。

拡大地図はこちら

のどかな田園や畑が広がる、昔ながらの農村地域のどかな田園や畑が広がる、昔ながらの農村地域

雨が適度に降り、気候が温暖な神戸の里山は、農業がしやすい地域。お米や野菜、果物など、採れたてのおいしさを味わえるので、毎日のごはんがいっそう楽しみになります。虫の声、四季折々の花々や木々で、季節の移ろいを身近に感じられます。

地元の新鮮な農作物がならぶ直売所地元の新鮮な農作物がならぶ直売所

さまざまな産地直売所があるので、農業をしていない人でも、毎日新鮮な食材を手に入れることができます。食材ごとにお気に入りの生産者さんを見つけるのも、楽しいライフワークに。移住して農家になったなら、お客さんのよろこぶ顔を直接見られる場所になります。

観光農園や農業体験施設もいっぱい観光農園や農業体験施設もいっぱい

収穫体験キャベツ収穫体験キャベツ

都心エリアから近い立地をいかした観光農園や、農業を気軽に体験できる公園や施設がたくさんあります。里山の自然の中に住み、都心エリアに通勤しながら、休日は農業体験で里山暮らしを謳歌する。そんな暮らしも神戸ならでは。

地域のシンボルである茅葺き民家がイベント会場に地域のシンボルである茅葺き民家がイベント会場に

山下家イベント山下家イベント

神戸に残っている約800棟の茅葺き民家のほとんどが、この里山エリアに。昔ながらの風景を感じられる里山暮らしのシンボルとして、音楽イベントや観月会の会場となり、若い人たちからも親しまれています。

空気がきれいな里山で、のびのび子育て空気がきれいな里山で、のびのび子育て

里山暮らしをして実感するのは、空気が澄んでいること。都会からそれほど離れていないのに、ピュアな空気の中で子育てができます。自然の中には子どもたちがたくましく育つための遊び場がいっぱい。

移住希望者をコーディネーターがお手伝い移住希望者をコーディネーターがお手伝い

移住を希望している人に住居や農村の情報を提供したり、農村地域の空き家や地域の人々とのマッチングをおこなったりするサポートがあります。定住後も相談に乗るなど、地域に溶け込めるよう精一杯お手伝いします。

1時間以内で都心エリアに1時間以内で都心エリアに

近くにあるニュータウンまでバスや車で行けば、都心までは電車が出ているので、体感距離は意外と近い。
高速道路や国道などの主要幹線道路も通っていて、自転車やバイクで通勤・通学する人もたくさんいます。

文化財・伝統行事文化財・伝統行事

心休まる神社仏閣や、美しい文化財が数多く残っていて、バスや徒歩での散策も楽しめます。今なお受け継がれる「農村歌舞伎」などの伝統芸能に触れるのもいい機会に。

PICK UP 淡河(おうご)周辺PICK UP 淡河(おうご)周辺

都心エリアから車で30分の、自然豊かな農村地域。南には山が見え、東西に流れる川を中心に平野が広がっています。
住民によるまちづくり団体などの努力によって、近ごろますます魅力的な地域に。

POINT 住民の手でまちづくりPOINT 住民の手でまちづくり

若者中心の有志による「淡河町地域振興推進協議会の専門部会 淡河の明日を考える会」によって、若い夫婦や家族が住みやすいまちづくりがすすめられています。

POINT 地域で子どもの居場所づくりPOINT 地域で子どもの居場所づくり

「淡河コミュニティプラザ」では、家でひとりで過ごすことが多い子どもたちのために、放課後などにみんなで食事や勉強をしながら楽しく過ごせる場所を用意しています。

POINT 交流スペース「淡河宿本陣跡」POINT 交流スペース「淡河宿本陣跡」

かつて宿場町だったころに使われていた淡河宿を、当時の面影を残したまま再生。里山暮らしの魅力発信拠点として、地域のイベントなどに利用しています。週末限定でオープンするカフェでは、淡河の特産品を使ったメニューも味わえます