KOBEaddress神戸市公式移住ポータルサイト

住む住む

神戸の中心部はほどよく都会で、すぐ南には海、そして北に行けば山がある。
気候のよさや人の数、住まいにかかるお金など、どこをとっても神戸は“ちょうどいい”場所です。

多様なライフスタイル多様なライフスタイル

好みに合わせて選べる、6つの居住エリア好みに合わせて選べる、6つの居住エリア

神戸には、個性豊かな6つの居住エリアがあります。
好みやライフスタイルに合わせて選べるから、
あなたにぴったりの暮らしが見つかります。

エリア紹介

都心エリア 海と山がある神戸の中心地で、ここちよく快適な都市生活。下町情緒エリア 商店街・小売市場、粉もん、銭湯、寄席、映画。娯楽に満ちた下町暮らし。©光プロ/KOBE鉄人PROJECT2019 閑静な住宅エリア 落ち着いた雰囲気の「山手」は、一目置かれる憧れの住環境。海辺のエリア 広い空とキラキラ光る海を眺めながら、のんびり暮らす。ニュータウンエリア アクセスのよさと便利な施設、豊かな緑がそろった住宅地。里山エリア 都心から近い便利な場所で、自然を楽しむ里山暮らし。都心エリア 海と山がある神戸の中心地で、ここちよく快適な都市生活。下町情緒エリア 商店街・小売市場、粉もん、銭湯、寄席、映画。娯楽に満ちた下町暮らし。©光プロ/KOBE鉄人PROJECT2019 閑静な住宅エリア 落ち着いた雰囲気の「山手」は、一目置かれる憧れの住環境。海辺のエリア 広い空とキラキラ光る海を眺めながら、のんびり暮らす。ニュータウンエリア アクセスのよさと便利な施設、豊かな緑がそろった住宅地。里山エリア 都心から近い便利な場所で、自然を楽しむ里山暮らし。

山も海も島も、温泉地も酒蔵もすぐそこに山も海も島も、温泉地も酒蔵もすぐそこに

自然と触れあえる場所がたくさんあるから、
海水浴、登山、味覚狩り、スキーなど、季節ごとのレジャーをすぐ近くで楽しめます。
休日には「有馬温泉」でほっこりしたり、「灘五郷」で酒蔵めぐりをしたりもおすすめ。

暮らしやすい暮らしやすい

夏は涼しく、冬はあたたかい夏は涼しく、冬はあたたかい

神戸は温暖でおだやかな瀬戸内海式気候。
浜風と六甲山のおかげで夏でも暑くなりにくく、冬でも雪はほとんど積もりません。
日照時間が長く、関東とくらべて乾燥しすぎることもありません。

東京や大阪ほど人口密度が高くない東京や大阪ほど人口密度が高くない

東京や大阪ほど人口密度が高くない東京や大阪ほど人口密度が高くない

神戸市の人口密度ランキングは、20政令指定都市のうち9位。
神戸の中心地である三宮駅や神戸駅あたりでも、魅力的なお店をゆっくりと楽しめます。

※出典:平成28年版大都市比較統計年表

全国平均 年間62,394円 神戸市 年間45,602円 16,000円以上も低い!全国平均 年間62,394円 神戸市 年間45,602円 16,000円以上も低い!

上下水道料の支出額が最も低い!!上下水道料の支出額が最も低い!!

上下水道料の支出額の全国平均は、年間62,394円。神戸市は45,602円で、都道府県庁所在地及び政令指定都市の中でいちばん低くなっています。1ヶ月10㎥までは定額というお得な制度と、水道料金は20年間、下水道料金は30年間値上げしていないことが理由かも。

※出典:総務省「家計調査」における上下水道料 平成27~29年の3カ年平均

サポート制度サポート制度

転入者や新婚、子育て世帯は家賃が安くなる転入者や新婚、子育て世帯は家賃が安くなる

神戸に引っ越してきた若者や新婚さん、子育て世帯に対して、神戸公社賃貸の対象住宅の家賃を支援します。

神戸公社賃貸の支援制度

新婚さんなら最大30万円補助新婚さんなら最大30万円補助

対象となる新婚世帯がいい住環境で新婚生活をスタートできるよう、
新居の居住費や引っ越し費用を最大30万円補助します。

親世帯が神戸市民なら最大20万円を助成親世帯が神戸市民なら最大20万円を助成

小学校入学前の子どもがいる子世帯と神戸市内に1年以上居住している親世帯が、
近くに住んだり同居したりする場合、助成金があります。

新婚・子育て世帯は、シティハイツ※の月額家賃を2割引新婚・子育て世帯は、シティハイツ※の月額家賃を2割引

新婚、6歳未満の子どもがいる世帯、18歳未満の子どもが3人以上いる世帯を対象に、
シティハイツの月額家賃を2割減免します。

※中堅所得者向け市営住宅