KOBEKOBEaaddddrreessss神戸市公式移住ポータルサイト神戸市公式移住ポータルサイト

ご相談窓口・お問い合わせ

090-1697-6474(神戸市移住相談員 直通)

kobe@furusatokaiki.net

営業時間 10:00~18:00(定休: 月・祝)

子育て・教育子育て・教育

愛する子どもとのかけがえのない日々を、家族みんなで心から楽しめますように。
「子育てにあたたかいまち」神戸は、不安の多い子育てを、手厚いサポートで応援します。

子育てとの両立子育てとの両立

2020年4月、神戸市は待機児童大幅減!2020年4月、神戸市は待機児童大幅減!

2020年4月、神戸市は待機児童大幅減!2020年4月、神戸市は待機児童大幅減!

神戸市は毎年度、保育定員を増やす取り組みを行っています。神戸市は毎年度、保育定員を増やす取り組みを行っています。

神戸市は毎年度、保育定員を増やす取り組みを行っています。神戸市は毎年度、保育定員を増やす取り組みを行っています。

こうした保育所整備のための新たな取り組みを含め、令和元年度は定員1,400人分を拡大!
令和2年度も引き続き1,000人分の拡大を予定しています。

どんなときでも安心お預かりサービスどんなときでも安心お預かりサービス

育休明けの復職時や、パート勤務、休日出勤、病気やリフレッシュなど。いろいろな理由があってちょっと子どもを預かってほしいときに使える、さまざまなサービスがあります。

制度についてはこちら

一時保育 満1歳~就学前 仕事や病気などで保育が難しくなる場合、リフレッシュのために、一時的に子どもをお預かり 休日保育 満1歳~就学前 日曜日・祝日などに仕事があるママやパパのため保育所などに入所中の子どもをお預かり ファミリーサポート・センター 生後3ヶ月~小学6年生 急な用事などで子どもを見られないときに地域の人が応援する会員同士の助け合い活動一時保育 満1歳~就学前 仕事や病気などで保育が難しくなる場合、リフレッシュのために、一時的に子どもをお預かり 休日保育 満1歳~就学前 日曜日・祝日などに仕事があるママやパパのため保育所などに入所中の子どもをお預かり ファミリーサポート・センター 生後3ヶ月~小学6年生 急な用事などで子どもを見られないときに地域の人が応援する会員同士の助け合い活動

学童保育は19時までOK!学童保育は19時までOK!

神戸市にあるすべての学童保育において、申し込みのあったすべての子どもを受け入れています。
一定の要件のもと、19時までお預かりできます。

病児保育室は、医療機関併設で安心 0歳~小学6年生病児保育室は、医療機関併設で安心 0歳~小学6年生

子どもが急に病気になったけど、仕事を休めないママやパパのために、病気の子どもを預けられる場所が「病児保育室」。神戸市内15ヶ所の病児保育室は、病院や診療所に併設されているので安心です。

制度についてはこちら

手厚いサポート手厚いサポート

出産前から産後まで、切れ目なくサポート出産前から産後まで、切れ目なくサポート

ママとパパが安心して赤ちゃんを迎えられるように、
神戸市は出産前から産後まで手厚いサポートを用意しています。

制度についてはこちら

産婦健診助成 1回最大5,000円 妊婦健診助成 12万円 特定不妊治療費助成 所得制限なし産婦健診助成 1回最大5,000円 妊婦健診助成 12万円 特定不妊治療費助成 所得制限なし

「こうべ子育て応援メール」で役立つ情報を発信「こうべ子育て応援メール」で役立つ情報を発信
※出典:登録者アンケート

「こうべ子育て応援メール」で役立つ情報を発信「こうべ子育て応援メール」で役立つ情報を発信

妊娠中から3歳までの子どもがいるママやパパ、そのご家族を対象に、
赤ちゃんや子どもの成長過程や妊娠生活・育児のアドバイスなどをメールでお届けします。

子育て世帯は、駐輪場の料金が半額に子育て世帯は、駐輪場の料金が半額に

自転車での外出が多い子育て世帯のために、未就学児がいるご家庭の保護者など2人まで、市内の駅前46ヶ所にある市立駐輪場などの使用料金を半額に。また、駐輪場内に、チャイルドシート付き自転車が停めやすいスペース「ママフレエリア」を順次整備しています。

医療医療

中学3年生まで医療費が安い 0歳~中学3年生中学3年生まで医療費が安い 0歳~中学3年生

こども医療費助成制度で、外来は0歳~2歳までは自己負担なし。3歳~中学3年生までは、医療機関・薬局ごとに1日上限400円まで(同月3回目以降無料)の自己負担ですみます。入院費は中学3年生まで無料。所得制限はありません。

夜間・休日も万全の小児救急医療体制 0歳~中学3年生夜間・休日も万全の小児救急医療体制 0歳~中学3年生

神戸には、子どもの具合が急に悪くなったり、お家での看病や応急手当では手に負えなくなったりしたときに利用できる小児救急医療体制が整っています。